クローネの宮廷魔術師のカードの情報

001146-l.jpg
カード名クローネの宮廷魔術師
タイプクローネ/魔術師
カテゴリーミニオン
コスト5
ATK/HP2/6
WT4
キーワード能力跳躍
効果「クローネの跳躍魔法」
《自ターン中》:あなたのフィールドにある、緑属性を持つコストが4以下の全ミニオンに、「+1/+1」の修正と「跳躍」を与える。
レアリティR
フレーバー「フッフッフー、私の魔法はふわふわなんだよ」
イラストレーター6624

クローネの宮廷魔術師の評価

自陣のミニオンを一回り大きくして跳躍を付与する永続効果を持つミニオン。

強化したミニオンには跳躍が付くため、敵陣のミニオンが強くてもこれを飛び越えて攻撃を仕掛けられる。
ただし、強化対象が4コスト以下に限られているのが厄介なところ。
自身は強化できないうえ、5コスト以上の他のミニオンも強化出来ないため出せる火力は限られてくる。
加えて、自身を維持したうえで強化したミニオンで直接攻撃しようとすると速攻に頼るのが現実的な手段となる。
ハイドルイド・サーリャなどと併用して少しでも火力を上げたい。

5コストミニオンにしては攻撃が低く、同じ5コストのミニオン相手でもHPの半分も削れないまであるレベル。
一方で攻撃力の低さゆえ、相手のミニオンが反撃で倒れにくく、後続のミニオンが展開されにくくなる利点もある。
反撃で相手のミニオンを倒してしまった場合、空いたミニオンゾーンから速攻持ちミニオンを展開される事で
追撃を許してしまうところだが、その可能性を抑える事で相手の攻勢を削ぐ事が可能である。
高HPで攻勢を抑えつつ、返しのターンで他のミニオンとともに直接攻撃するのが理想か。

同じ5コストの緑属性ミニオンには女王の護衛戦士リコッテがおり、より分かりやすい性能ゆえに優先されがち。
女王の護衛戦士リコッテが持つミニオンを展開する手段も、他に頼る事になる。

赤緑デッキでは境界の仙龍『ユラノ』で他の4コストミニオン共々速攻を付与出来る。
ただ、このカードを生かしておく必要があるため、永続効果を生かすのがやや難しい。
妖精女王『エルルーン』からも復帰出来、復帰の遅さも補えるが、自身の火力がそこまで高くないので微妙なところ。
フェアリー突撃隊という強化しやすい対象こそ居るが、同じ使い方でも女王の護衛戦士リコッテの方が火力が高くなりやすい。
また、全体強化するミニオンとしてはコスト帯こそ異なるとはいえ赤龍の乗り手とも競合する。

白緑デッキならヴァンガード・スピカで4コストミニオンを置けるので強化対象を確保しやすい。
速攻を付与して総攻撃を仕掛けられる伏龍の軍師『コウメイ』双角王『イスカンダル』との相性も悪くない。
但し、将軍の大号令で即座に復帰出来ないWTⅣという復帰の遅さがネックになる。
救援要請などの復帰を早めるカードが必須となるか。
また、武具精霊カンショウ・バクヤを強化出来ない分、ある程度専用の構築が必要となる。

黒緑デッキでは月神『ツクヨミ』から復帰出来、復帰の遅さも補える。
管狐のオコンの存在から永続効果も生かしやすい。

みんなのコメント

コメントはありません。 Comments/クローネの宮廷魔術師?

お名前: