ハンマーゴレムのカードの情報

001380-l.jpg
カード名ハンマーゴレム
タイプゴレム
カテゴリーミニオン
コスト4
ATK/HP3/3
WT3
キーワード能力強襲/直進/対ミニオン特効1
効果「はんまーチャンス!」
《自ターン中、このカードが相手ユニットをブレイクした時》:あなたのタイムラインにある、このカードを除く〚白属性か青属性〛を持つカードを1枚選んでWT-1しても良い。
レアリティR
フレーバー「わがはんまーに砕けぬ敵はなし、だよ!」
イラストレーター形状

ハンマーゴレムの評価

戦闘破壊時にタイムラインを加速させるミニオン。強襲・直進・対ミニオン特効1持ち。

エーテルシリーズと同様にWTⅠのカードも加速させられるのが強みで、
トークンを召喚するスキルなら使用元がタイムラインに残っている事も多いので加速させる対象にも困らない。
対ミニオン特効1からHP4までのミニオンを倒せるため、同じ4コストのミニオンも対処できる。
一方、ニードルランサーと違い速攻ではなく強襲になっている分、使い勝手は大きく異なる。

直進というデメリットから基本的には相手ミニオンの居る列に置く必要がある。
演目「ナッツクラッカー」キラードールショウで出したドールトークンが残った場合は強襲が阻害されることもあり、
強襲を諦める、レーン移動や自爆特攻などでミニオンゾーンを空けた所にこのカードを置いて強襲させるといった対処を迫られる。
意外なところでは闇精シェイドを強襲で倒せないため、他のカードで除去する必要がある。

同じコスト帯のニードルランサーと競合しており、取捨選択が非常に難しい。
まず、先手最速でこのカードを置いた場合、強襲する対象が居なかったり、
演目「ナッツクラッカー」で置いたドールトークンの強襲で相手の盤面の処理だけなら間に合ってしまう事がある。
また、直進というデメリットが災いして思うように強襲出来ないケースもあり、
それならニードルランサーで速攻した方がダメージを稼げたのに、となる事も少なくない。
速攻持ちである点は一部のロードも倒しやすくなる事にも繋がるため、この点でも後れをとる。
一方、後手最速でこのカードを出した場合、先手4ターン目に出した4コストミニオンを後出しで倒せるほか、
次ターン以降も継続的に効果を使える可能性がある点ではニードルランサーを上回る。

限定的ながらタイムライン上のカードが使えるようになる分、選択肢も一気に増えることになる。
カードを配置したり自身を強襲させる順番には注意が必要。

現状では、攻撃的なデッキではニードルランサーを、守備的なデッキではこのカードが採用される事が多いようである。
単純な強さならニードルランサーの方に軍配が挙がるが、タイムラインにカードが増えた終盤では自身の効果が光る。
デッキの勝ち筋と環境に合った選択が必要か。

みんなのコメント

コメントはありません。 Comments/ハンマーゴレム?

お名前: