休戦の合図のカードの情報

001167-l.jpg
カード名休戦の合図
タイプ軍師
カテゴリースキル
コスト2
WT4
キーワード能力
効果あなたのフィールドにあるコストが3以上のミニオン1体と、相手のフィールドにあるコストが5以下のミニオン1体を選ぶ。この効果で選んだあなたのミニオンはあなたのウェイトゾーンⅠに置き、選んだ相手のミニオンは、相手の手札に戻す。
レアリティC
フレーバー
イラストレーターmedilore

休戦の合図の評価

自陣のミニオンをタイムライン上に置き、敵陣のミニオンをバウンスする白緑専用スキル。

自身の復帰こそ遅いものの、手札から再登場させない限り再利用を許さない強力な除去を繰り返し使える。
しかし、自陣から3コスト以上のミニオンをタイムライン上に置くという疑似コストが意外と重く、
除去したミニオン次第ではただ盤面を失うだけで終わりかねないのが厄介なところ。

WTⅠに置いたミニオンは、武具精霊カンショウ・バクヤなら直後に白属性ロードを置けば復帰出来る。
それ以外のミニオンでも、伏龍の軍師『コウメイ』を置けば即座に復帰させられる。
そのままでもこのカードを使用したターンのエンドフェイズにスタンバイゾーンに戻ってくるが、
タイムラインとスタンバイゾーンがどうしても渋滞を起こしがち。
特に、盤面が空の状態で3コスト以上のミニオンを出してからこのカードを打って除去した場合に起こりやすく、
WTⅠに多く溜まったカードを除外せざるを得なくなることで大きな無駄が生じてしまう。
更に、タイムライン上に居た方が都合が良い武具精霊カンショウ・バクヤに至っては
スタンバイゾーンに戻ってきてしまう事が裏目に出てしまう恐れもある。

援軍の到着と同様、覚醒前にアンロック可能なスキルだが、
最速でアンロックしてもコスト3以上のミニオンを置ける筈がないためまず機能しない。
往復3ターン目から動かすにしても、バウンス出来るのは3コストまでが現実的なところ。
5コストのミニオンを除去出来れば最良だが、それが出来るのは覚醒後の話であり、序盤での活躍は難しい。
更に、覚醒後でも6コスト以上のミニオンを除去出来ない点は気がかりなところ。
アーツではなくスキルであるために性能が抑えられている可能性を考慮しても、
中盤以降の活躍になりがちなこのカードに求められるハードルは低くない。

結界・領域移動無効にも弾かれてしまう。
守り神『オサキサマ』フェレスの姫『アネット』に維持コストを課すプーカ
特殊な対策をしない限り常に居座り続ける九命の猫又ミヤビに対抗出来ない点では若干の懸念を残す。

イラストを鑑みても伏龍の軍師『コウメイ』とのシナジーを想定したデザインと思われるが、
使用後にタイムライン上から復帰させられるとはいえ、そのままでは速攻までは付かないため
単体除去+一斉展開止まりで終わる可能性もあり、終盤に叩き出すパフォーマンスとしてはやや微妙なところ。
伏龍の軍師『コウメイ』上効果でタイムラインから展開
⇒速攻・強襲持ちはロードまたはミニオンに攻撃して自壊
⇒スタンバイゾーンのミニオンをミニオンゾーンに移動
伏龍の軍師『コウメイ』下効果で残りのミニオンに速攻を付与し総攻撃
としても十分な戦果が得られるため、わざわざこのカードを経由させる理由が薄い、という問題もある。

怪力無双の猫娘『シグニャー』の前準備として使う手もある。
前のターンにこのカードでWTⅠにミニオンを置いておき、
スタンバイゾーンに戻ってきたミニオンを次のターンで速攻を付けて展開すれば理想か。
双角王『イスカンダル』で参照できるものの、速攻を付けたいミニオンが居なくなるので相性は良くない。

コスト4以下なら武具精霊マサムネでも対処出来る、復帰が遅いのでアーツと大差ない、
コスト6以上に対抗出来ない、単体除去・再生対策なら1枚で対処できる神威の一撃アンサモンの方が安定する、
再利用を許しても良いなら一斉展開からの強襲で盤面処理できる将軍の大号令の方がミニオンを残せる分強い、など
スキルであるにも関わらず援軍の到着以上に序盤での活躍が難しいがゆえの使いにくさが目立っており、
採用率は現状芳しくない。
もし採用するにしても、スキルではなくアーツ扱いとして採用枚数を検討し、安易な複数枚採用は避けたい。

みんなのコメント

コメントはありません。 Comments/休戦の合図?

お名前: