四海竜姫『リヴァイアサン』のカードの情報

001345-l.jpg
カード名四海竜姫『リヴァイアサン』
タイプ竜王/水魔
カテゴリーロード
コスト9
CC3
ATK/HP8/7
キーワード能力
効果「大あぎと」
《配置時》:あなたと相手のフィールドにある、コストが7以下の〚全ミニオンと全ロード〛をブレイクし、この効果でブレイクしたユニット1体につき2ダメージを相手のマスターに与える。その後、相手のコアゾーンにあるコアを2個取り、相手のウェイトゾーンⅢに置く。
「海竜姫の威光」
《常時》:相手のフィールドにある、コストが4以下の全ユニットは「速攻」を失う。
レアリティLR
フレーバー「妾こそ大海の支配者にして汝の死なり」
イラストレーター6624

四海竜姫『リヴァイアサン』の評価

7コスト以下のロードとミニオンを破壊、本体火力、相手のコアを減少、速攻を失わせる永続効果を持つ超大型ロード。
第二弾から一足遅れて登場した青属性の竜姫。

現状唯一の9コストカードであり、その効果もやはり超弩級。
ほとんどのデッキの主力となるロードを破壊出来るのが強み。
また、ミニオンもは8コスト以上がいないため、すべてのミニオンを破壊と同議。
バーンダメージについては、盤面次第ではフィニッシュ手段にもなる。
自身のプルモーの毒銛撃ちプルモーの突撃兵を巻き込めばダメージが加速する。

コア削減効果により、相手の対処方法も大きく制限することができる。
また、ウェイトゾーンは勝利条件のコア数にならないため、
相手の目論見を崩すだけでなく、先行でもコア勝利を狙えるようになる。
ただし先行の最速9コア目で使った場合は、その後両者がコアブーストし続けると、
こちらが12個目を取る直前の相手エンドフェイスでコアが戻り勝利されてしまう。
コア勝利を目指すならタイミングに注意。

速攻消去効果は守り神『オサキサマ』ほどでないにせよ、相手の返しを抑制する優秀な効果。
ロード対策でも9コストを対象にできるカードはかなり少ないので、
コア減少効果と合わせて数で攻める相手への抑止力となる。

以上のように一度出てしまえば強力だが、それまで如何に耐え凌ぐかが課題になる。
最速でも8~9ターン、コアコストのあるロードを使用するならそれ以上となると、
ライフはもとより手札にも余裕がなくなってくる。
手札を補えるグレーターヒールを無理なく採用可能な白青に投入するのが現状の最適解か。

全体破壊効果は自軍も巻き込むため、守りが薄くなりやすい点には注意。
再生を持つミニオンが残ると、返しのターンでロードや火力と合わせて倒される事態も起こりえる。
妖精女王『エルルーン』で復帰した大型ミニオンや境界の仙龍『ユラノ』など、
ロードを始めとして5コスト以上の速攻持ちも存在し、注意すべきカードは少なくない。

8コスト以上のロードには何もしないのも欠点。採用率が高くないのが救いか。
後出しかつ単体で確実に対処できるのは武具精霊『グラム』のみ。
赤白はライフを詰めるのを得意とする色でもあり、手薄になったところを
マスターアタック連発で逆転される場合もあるため最も注意が必要な相手。

このカードを出すまで耐えれば後は何とかなる、という戦略すら可能にするカード。
専用デッキを組むだけのパワーは存在するが、相応の対策も用意されていることを忘れないように。

みんなのコメント

コメントはありません。 Comments/四海竜姫『リヴァイアサン』?

お名前: