四海竜姫『リヴァイアサン』のカードの情報

001345-l.jpg
カード名四海竜姫『リヴァイアサン』
タイプ竜王/水魔
カテゴリーロード
コスト9
CC3
ATK/HP8/7
キーワード能力
効果「大あぎと」
《配置時》:あなたと相手のフィールドにある、コストが7以下の〚全ミニオンと全ロード〛をブレイクし、この効果でブレイクしたユニット1体につき2ダメージを相手のマスターに与える。その後、相手のコアゾーンにあるコアを2個取り、相手のウェイトゾーンⅢに置く。
「海竜姫の威光」
《常時》:相手のフィールドにある、コストが4以下の全ユニットは「速攻」を失う。
レアリティLR
フレーバー「妾こそ大海の支配者にして汝の死なり」
イラストレーター6624

四海竜姫『リヴァイアサン』の評価

特定コスト以下のロードとミニオンを全破壊し、破壊した枚数分ダメージを与えてコアを実質減少させる誘発効果、
速攻を消失させる永続効果を持つ超大型ロード。
第二弾の四属性の竜姫から一足遅れて登場した青属性の竜姫。

現状唯一の9コストロードであり、その効果もやはり超弩級。
7コストロードにはデッキの主力であるカードが多いため、ほぼ巻き込んで破壊出来るのは強み。
バーンダメージについては、盤面次第ではあるが最低でも4~10ダメージは飛ばせると思って良い。
プルモーの毒銛撃ちプルモーの突撃兵を巻き込んで破壊すればダメージが加速する。

コア削減効果により、前のターンに使えたコスト以下での対応を強制する。
ウェイトゾーンに置かれたコアはコアを12個溜めての特殊勝利に貢献しないため、
相手に後手を取られていたとしても先にコアを12個溜めての逃げ切りが可能になる。
移動させられたコアが疲労ゾーンに戻ってくるまでには合計12コア溜まってしまうので、
まず戻ってこないと考えて差し支えない。

速攻消去効果は守り神『オサキサマ』ほどでないにせよ、相手の返しを抑制する優秀な効果。
4コスト以下の速攻持ちとしては時の大魔女『ハイデルガルド』かまいたちの末妹シグレ管狐のオコンなどが存在する。
5コスト以上の速攻持ちも少なくないものの、デッキ次第では十分な抑止力となってくれる。

コア削減効果により、返しのターンで倒される事は意外と少ない。
むしろこのカードを出すまで、かつ出してから如何に耐え凌ぐかが課題だろう。
維持コストのないカードで往復9ターン耐えるには残りライフはもとより手札にも余裕がなくなるため、
枯渇する手札を補えるグレーターヒールを無理なく採用可能な青白デッキに採用するのが現状の最適解か。

全体破壊効果はあくまでブレイクのみである点には注意。
再生持ちもリバース状態になるだけなので、返しのターンで神代の剛力などで強化されて倒されるといった事態も発生しうる。
また、5コスト以上の速攻持ちには普通に殴られてしまう。
妖精女王『エルルーン』から出た大型ミニオンや境界の仙龍『ユラノ』など、コスト指定をすり抜けるカードは少なくない。
但し、維持コストを要求するロードを相手が前もって出していた場合、
使用出来るコアが少ない状態で更にコアを移動させる事により、対抗策となるロードが出せない状況に持ちこむ事も可能。
このカードで破壊出来ない8コスト以上のロードも天敵だが、遭遇率が高くないのが救いか。

後出しかつ単体で確実に対処できるのは武具精霊『グラム』のみ。それでも相手が赤白デッキの場合は注意しておきたい。

珍しいところで、ミラーマッチになった場合は先にこのカードを出した方が有利となる。
コア削減効果により、後から出すのはほぼ不可能になるためである。

クラス指定はないため、その気になれば青を含まないデッキでも10コスト支払えば登場させられる。
但し、維持コストを持つロードを出さない形での長期戦を強いられるため戦線維持は更に困難を極める。
また、前述したミラーマッチになると青を含むデッキに先出しされてしまう。

このカードを出すまで耐えれば後は何とかなる、という戦略すら可能にするカードだが、実際には抜け穴も多く過信は出来ない。
それでもコスト相応の強さは保証されており、専用デッキを組むだけのパワーは存在するといえる。

みんなのコメント

コメントはありません。 Comments/四海竜姫『リヴァイアサン』?

お名前: